造船の基礎知識

ここでは全てのプレイヤーに深く関わる「造船」について簡単に説明したいと思います。「造船」は非常に難解で攻略wiki等で理解を深めるのはけっこう大変なのでここで基本的な流れを押さえておくとよいでしょう^^

  • 造船とは
「造船」とはその名の通りプレイヤーや副官が乗船する船を作り上げることです。
「造船」するには「造船スキル」が必要で、「造船スキル」を持つプレイヤーが造船所の親方に造船を依頼することにより船を建造することができます。

  • 船の入手経路
船にはいくつかの入手経路が存在します。それぞれの入手経路についてまずは押さえましょう。

1.造船親方から購入

この場合は各港の造船所の親方から陳列されている船を購入します。それぞれの文化圏や港によって取り扱われている船に種類があります。
どの船がどの文化圏、港で販売されているかはコチラで確認してみてくさい。

2.新造

造船所で販売されている船については新たに「新造」することもできます。中には販売されておらず「新造」でしか入手できない船も存在します。
「新造」するには「造船スキル」が必要です。新造は「造船スキル」のランクに応じて船の材質や倉庫の容量を増減することができます。

3.特殊造船

販売されておらず、また新造することもできない特殊な造船方法により船を建造します。「特殊造船」を行うには「造船スキル」が必要で、そのランクに応じて建造可能な船が決まります。また「特殊造船」はその港でしか建造不可能な種類も多く、特に大型船についてはそのほとんどが「特殊造船」により建造されることになります。

また既存の船や新造により建造した船を「強化」することも可能で、「強化」することにより船に特殊な機能「オプションスキル」を付与できたり、帆の性能や旋回能力などを上昇させることも可能です。
新造と違って「特殊造船」の場合には船の材質は変更できず、その船固有の材質に決定されます。倉庫の容量は「造船スキル」のランクに応じて増減が可能です。

4.バザーやトレード

他のプレイヤーキャラクターからバザーやトレードを通じで船を購入します。これについては一般のバザーと同じですのでここでは詳しい説明は省きますが、基本的には強化された船や倉庫の容量を増減させた船を販売していますので、自身のニーズとお財布を照らし合わせて購入してみるのもいいでしょう。

以上が主な船の入手経路となっています。特に「新造」と「特殊造船」についてはより詳しい理解が必要ですので、以下にその二つの方法についてさらに詳しく解説してゆきます。

  • 新造について
新造はその文化圏、港で販売されている船を新たに建造することで材質や倉庫の容量を増減することができます。
新造するには「造船スキルが」が必要となり、そのランクに応じて新造できる船の種類や材質の変更や、倉庫容量の増減に制限がかかります。

1.材質の変更

材質を変更することで船の航行速度が上昇したり耐久度が増したりします。たとえば速度を求めた材質の変更を行いたい場合は「チーク」や「シーダー」にしたり、海事に使用したりする場合は「オーク」や「鉄」にしたりして用途に合わせて変更できます。特に見た目も大きく変わるのが特徴です。
但し、一度材質を変更してしまうと後述する「特殊造船」で材質変更の強化をしない限り元にもどりませんので材質を選ぶときには注意が必要です。

材質 耐久度 帆性能 価格 Rank
シーダー 94% 104% 100% 1
レッドパイン 97% 102% 100%1  
ビーチ 100% 100% 100% 1
エルム 105% 98% 120% 4
チーク 110% 105% 160%5  
オーク 125% 99% 200% 6
マホガニー 120% 103% 280% 7
銅張り 135% 96% 360% 8
ローズウッド 130% 101% 450% 9
鉄張り 140% 95% 500% 10
各国公用 141% 96% 505% -


2.倉庫容量の増減

倉庫の容量を増減させます。増減の幅は「造船スキル」のランクに上下5%の間となってます。造船ランク10の場合は増減できる倉庫容量の幅は上下15%までとなります。
ただし造船スキルのランクを超える容量の変更についてはペナルティがかかり船の航行性能などが大幅に減少しますのでできれば造船ランクの幅以内での増減をおすすめします。
ですが副官船であるとこあ副垢の追従専用の場合には航行性能は気にせず最大増量してしまっても特に問題はありません。



  • 特殊造船について
特殊造船については「船の建造」と「強化」の二つの分野に分かれます。それぞれに決まった手順があるのでそれらについて説明します。

1.船の建造について

「特殊造船」で船を建造する場合にまず注意したいのは、当該の港で作れる船種について固定されているという点です。例えば戦列艦は本拠地で建造できますが、装甲戦列艦は南米の開拓地でしか建造できません。「特殊造船」で船を建造する場合には「どこで作るのか?」に注意しなくてはいけません。
攻略wikiのコチラに建造場所など詳しく載っているので参考にしてみてください。

2.新造との違い

「特殊造船」で船を建造する場合には材料を揃えるところからスタートします。一般的に「造船素材」と呼ばれるこれらの材料を生産、もしくはバザー等で購入し、それらの材料をあてがう事により船の建造が可能になります。また船素材には「強化値」というパラメーターが存在し、組み込むことでその船の性能を上昇させることができます。詳細は「強化」の部分で説明しますね。「造船素材」は大きく以下の種類に分かれています。
    • 船体・・・船本体の部品です。この船体の種類で作れる船が決まってきます。生産にも造船スキルが必要となります。船の耐久に強化値がつきます。
    • 主帆・・・船の帆の部分に該当します。主帆には船の帆性能を上昇させる強化値がつきます。
    • 砲門・・・船の砲門に該当します。砲門には船の砲門数を上昇させる強化値がつきます。
    • 兵装・・・2個あてがうことができます。兵装はその種類によって様々な強化値を上昇させる効果があったり後述するオプションスキルの付与に欠かせないものとなります。

「造船素材」についての詳細は攻略wikiのコチラで確認できます。 

  • 船の強化について
    • 船の入手経路に関わることなく、船には「特殊造船」の「強化」を施すことでその性能を強化することができます。
    • 強化するには「造船スキル」が必要でそのランク+5の範囲内で強化できる船が決まります。
    • 強化の場合は「造船スキル」がなくても艦隊に「造船スキル」を持つプレイヤーがいればそのスキルを共有することができます。
    • 強化できる回数は船ごとに定められており、さらに商会開拓街を利用することで「再強化」を数回実施できる船種もあります。
    • 強化するためには船体以外の「造船素材」をそれぞれあてがう必要があります。その「造船素材」の組み合わせによっては船に「オプションスキル」を付与することができます。
    • 強化された船は「初期化」することで性能をリセットすることができます。この「初期化」を行うと船の素材と帆の柄以外の性能がすべてリセットされ、強化回数も0/○回となり、再び強化することが可能となります。

  • オプションスキルについて
船の「強化」で特定の素材を組み合わせることでその船特有のオプションスキルを付与することができます。オプションスキルについては攻略wikiのコチラを参照してみてください。

    • オプションスキルは一つの船に二つまで付与することができますが、「専用艦建造許可証」を用いることでさらにもう一つ付与することができます。
    • オプションスキルを使用するには下記の技術スキルを取得してランクを上げる必要があります。

スキル名 習得場所 習得条件
航行技術 【バイーア】
カブラル
冒険LV20
操帆ランク3
測量ランク1
管理技術 【ヴェラクルス】
ラス・カサス
交易LV20
保管ランク3
運用ランク1
兵器技術 【ポルトベロ】
バルボア

【マニラ】
ロペス・デ・レガスピ
戦闘LV20
砲術ランク3
戦術ランク1


以上が造船の概略になります。特に特殊造船は非常にややこしく、また奥も深いので慣れるまでは上級者か船大工さんにアドバイスを受けたほうが無難です。

船は常に使用するものですので、できるだけ自分の好みに合ったものを選択したいとこですね。


  • 最終更新:2012-01-23 19:48:06

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード