艦隊模擬戦基礎講座

艦隊模擬戦基礎講座


2012/12/11一部改訂

このカテゴリーでは艦隊模擬戦についての最低限の基礎知識についてできるだけ噛み砕いて解説しています。艦隊模擬戦はそれまで培ってきた海事の概念をすべて捨て去るところからスタートします。とくにソロ海事やBCなどに慣れてきた人はこの切替が大切です。

1.職業

艦隊模擬戦を行う場合は特殊な状況を除いて職業が限られてきます。まずはそれぞれの職業の特質を見ていきます。

・砲術家

優遇スキル 砲術、水平射撃、弾道学、貫通、修理、操舵

強み・・・砲術家の最大の特徴はその高い火力にあります。水平弾道貫通がすべて優遇なのはこの職業だけです。また操舵も優遇なので回避操船も有利です。

弱み・・・一方砲術家は回避が非優遇という泣き所があります。5対5の模擬戦は守備重視の好まれますので現在はこの職業はあまり使われていません。

・上級士官

優遇スキル 砲術、水平射撃、弾道学、修理、回避、剣術、突撃

強み・・・貫通以外の砲術スキル優遇と回避、さらに白兵にも強いため安定感があります。とくにインでキャノンを扱う人向きの職業と言えます。

弱み・・・操舵が非優遇な点が唯一の泣き所といえます。なので白兵をしないカロアタッカーが士官でする場合は回避操船に苦労します。

・賞金稼ぎ

優遇スキル 砲術、弾道学、貫通、操舵、修理、回避

強み・・・操舵と回避が両方とも優遇なので守備的な艦隊模擬戦には特に有効です。火力においても不足しないので全員が稼ぎでもいいほど優秀な職業です。

弱み・・・唯一の欠点は水平射撃が非優遇であることですが、水平射撃はブーストが多数あるため、後述する装備で賄えることができます。


以上、代表的な3種類の職業について解説しました。現在は5人全員が賞金稼ぎという守備的な艦隊が多いみたいですね。逆に砲術家は大海戦やBC以外で見かけることは少なくなりました。
他にも斥候であったり守備衛生隊といった守備的な職業もありますが、それらは基本ができてから。まずは上記の職業で艦隊模擬戦そのものを知ることからはじめましょう。

2.船

船はできるだけ耐久の高い一等戦列艦の一択です。最近は一等だけでなく、ロイヤルソブリンやゼーアドラーといった新船も人気があります。アイアンサイズやスーパーフリゲート、ガレー船等の船をたまに見かけますが、そういう船は真っ先に狙われるので一等戦列艦以上の船にしましょう。
一等戦列艦に乗れない人は一日も早く乗船できるよう海事上げに励んでください。

ここでは船に付与するオプションスキルについて言及します。


・斬り込み防止網

造船の過程で付与できるオプションスキルです。効果は白兵時に混乱以外の時は防御力が上がった状態になることですが。その効果はオマケで大切なのは「素撤退」の成功率が上がるという点です。
後述する抜けクリの際に敵副官の妨害をすり抜けて「さ」抜けできる素撤退は非常に有効です。なのでパス出しを主に行うインキャノンだけでなく、カロアタッカーにもこのスキルは必須といえます。


・連携強化

造船の過程で付与できるオプションスキルです。効果は艦隊のCOMBO効果を上げることで横削りや抜けクリ時のダメージを上乗せすることです。さらに一隻付いてれば艦隊全体に効果があるので付与するのであれば旗艦がふさわしいと思います。
ただし連携強化を有効に活用するには艦隊の連携そのものを高めていく必要があります。


・耐砲撃装甲

専用艦で付与することができるオプションスキルです。効果は装甲値+10となっています。詳しい説明は省きますが(というかできませんがw)砲撃装甲付きで連弾防御を入れておけば、敵が水平弾道貫通入れて砲撃してこない限り横からのダメージで耐久が減ることが少なくなります。
つまりクリを貰ったり機雷を踏まない限り戦闘の終盤まで高い耐久を維持できるようなり有利に戦闘を進めることができるようになるのです。
特に敵キャノンにマークされるカロアタッカーや高耐久の維持を求められる旗艦には有効といえるオプションといえます。


・機雷除去

専用艦で付与することができるオプションスキルです。効果は敵船が敷設した機雷をダメージを受けることなく回収できることです。艦隊模擬戦は序盤は機雷による耐久の削り合いになります。特に混戦の中では機雷を踏んだ直後に抜けクリ貰って沈もあったりと機雷はとても重要な要素になるのですが、このスキルを発動させておけば機雷については無視できるようになります。
ただし難点はスキルを発動するために3つある枠の一つを消化すること。そして先述した砲撃装甲が付与できなくなるため横砲撃による耐久の削れが気になります。このスキルを最大限に生かせるのは混戦の中で白兵し続けて横砲撃による耐久の削れをあまり考慮しなくてよいインキャノンが向いています。


・排水ポンプ

専用艦で付与することができるオプションスキルです。かつてはほとんどの船に付与されていましたが、後述する「抜けスキル」が浸透してからはまったく見かけなくなりました。
もし未だにポンプ付きの模擬船を使用しているなら早急に付け替えをお願いします。

・その他

上記以外にも特殊煙幕弾重量砲撃などのオプションスキルもありますが、これらは艦隊模擬戦に慣れてオーソドックスな戦術で一定の戦果が見込めるようになり、艦隊の戦術の中に組み込めるようになってから考えても遅くはありません。


3.艤装

次に船の艤装について説明します。船部品は自作できるものから貴重な限定アイテムまで様々です。模擬をすると艤装の耐久が消耗しますので、貴重品であれば「女帝」による耐久回復が必要になりますし、生産品であれば材料や予備部品のストック等が必要になります。貴重な限定品以外は「消耗品」として割り切ることも大事です。


・補助帆

補助帆は旋回にマイナスの付かない帆を選択するようにしてください。一般的に使用されるのは「改良ゲルンスティスル」ですね。船足は敵のマークを振り切ったり、すばやく抜けポジションに入ったり、味方フォローにすばやく向かったりととても大切な要素になります。
なのでできるだけ前述した「改良ゲルンスティスル」以上を装備するようにしてください。私はカロアタッカーなので特に大会等では「名称フルリグドセイル」×3を使用しています。CLでは使用禁止となりました。

・船首像

まず最優先すべきは砲弾の回避が8あることです。入手性等を考慮すると生産品の「ガルーダの像」「ファフニールの像」のどちらかになりますが、できれば「ガルーダの像」をお勧めします。
なぜならガルーダには砲弾回避8以外に船員掌握が4ついてます。模擬戦では基本的に食料は積みませんので船員の忠誠減少を少しでも軽減することができます。それは引いては白兵の先攻後攻や撤退率なんかにも関わってきますので同じ用意すのであればガルーダがお勧めです。


・紋章

お好みで結構ですが艦隊として統一された紋章や帆の柄、色で出ると強そうに見えますね。


・兵装

「大型コーヴァス」×2です。たまに船尾楼を装備している方もいますが、艦隊模擬戦では白兵戦で陸戦攻撃力はあまり重要ではありません。近頃は白兵数値を重視した艦隊も多く見られるようになってきました。
なぜ大コヴァかというと理由は二つあります。一つは味方のフォロー時「接舷」スキルを発動した際に白兵に入れる範囲が広がり素早く白兵に入ることができるようになります。
さらに、自分が狙われている際、カロアタッカーを呼び込む際などコチラが白兵を維持したいときに敵の撤退率を下げる効果があります。したがって艦隊模擬戦の特に重要なファクターである「抜けクリ」に大いに関わる部分ですので必ず「大型コーヴァス」を2個装備するようにしてください。

・大砲

いろいろな考え方もありますが、基本は「最高貫通のカロ×5か最高貫通のキャノ×5」です。
艦隊模擬戦は大砲の種類を把握することがとても大切です。それぞれの大砲の特徴について以下で解説します。


ⅰ.カロ 通常弾 最高貫通1104
カロの特徴は高貫通でありながら装填速度、射程距離などバランスがよく、通常弾であるということです。後述するキャノンと大いに関わってきすが、艦隊模擬戦では回避と二連弾防御を入れている場合がほとんどです。
カロはその中の二連弾防御を無視できるため、相手を抜けクリで落とすためには絶対必要な大砲となります。ただキャノンに比べると貫通は落ちるため、水平弾道貫通が入ってることが前提になります。


ⅱ.キャノン 二連弾 最高貫通1586
キャノンの特徴はなんといってもその破壊力です。最高の状態で放たれたキャノンのダメージは計測不能です。逆に射程によるダメージはバラつきが多く、装填速度も遅めです。それくらい破壊力のある大砲だけに艦隊模擬戦ではほとんど100%の人が二連弾防御スキルを入れています。
回避と二連弾防御(以下rk)が入っているとキャノンといえどなかなか大ダメージは与えられなくなります。ですが逆に言えば連弾が入ってない状態でのクリは脅威になりますよね。カウンターとか「なし」状態の敵がいたら序盤でもキャノンの抜けクリ一発は恐ろしいです。
キャノンの重要な役割は敵を落とすことではなく敵の耐久を削る(横削り)にあるといえます。rkの入ってない敵がいたらバンバン横撃ちして耐久を削っていきます。それを嫌がる敵はrkを入れざるを得なくなり、結果攻撃力が弱まるという計算です。
模擬はそのへんのせめぎ合いが非常に奥が深く面白いのです。


艦隊模擬戦はカロとキャノンの二つの大砲が織り交ざって行われます。全員カロとか全員キャノという編成はありえませんので、それぞれの役割とポジションに合わせて大砲も使い分けてゆきたいですね。
他にもカロとキャノを混ぜた「ミックス」とか煙幕を入れたりとかありますが、それらも基本ができてから。


・追加装甲

勘違いされてる人もいますが、船部品の装甲はクリティカル時には効果がなくなります。装甲の役割は横からの砲撃により耐久の減少を抑えることにあります。それを踏まえた上で装備すべき装甲をいくつか解説します。

ⅰ.圧延鉄板 装甲値+13 航行速度-14
鉄板と鋼で簡単に生産でき、なおかつ性能もいいので通常はこの装甲板で十分です。

ⅱ.巧匠圧延鉄板 装甲値+13 航行速度-13
圧延鉄板の豪華版で生産は中南米開拓地なり少しめんどくさいです。航行速度が-1違うので微小ですが船速には影響します。

ⅲ.練成鉄板 装甲値+14 航行速度-13
一般的に入手できる追加装甲の中では最高の装甲値があります。船速の減少も圧延よりも少ないので本番の大会とかでは全員がこの追加装甲を装備したいとこですね。

ⅳ.遠洋航海用鉄板 装甲値+13 航行速度-10
装甲値は圧延と同じですが、注目は航行速度の減少が木材系なみに少ないことです。イベント限定アイテムですので入手は困難ですがマークを振りほどいたりポジションに素早く入ったりする必要のあるカロアタッカーには最適な追加装甲です。
※CLでは使用禁止となっています。

ⅴ.巧匠硬化鉄板 装甲値+13 航行速度-9
メモリアルアルバムの報奨で入手できる追加装甲です。遠洋鉄板よりさらに航行速度の減少が少ないのでいずれは全部これにしたいです。

ガナドール会場でさらに装甲値の高い装甲板も生産できるようになっています。


・船首砲、船尾砲

側砲と違い船首船尾砲は追加効果を期待します。側砲には気を配るけど船首船尾砲はマークされることも少ないのでクリを当てる機会は多いです。逆に当てれる機会を見逃すこともあるので、慣れてくれば発射できるようにしておきましょう。
追加効果に期待したいので、それらのついた特殊弾の船首、船尾砲を装備することをお勧めします。

ⅰ.エンジェル砲 
鎖弾なのでクリを決めると相手の舵を破壊することができます。入手方法は幽霊船クエストとちょっとめんどくさいです。

ⅱ.メテオーラ砲
クリを決めると敵を煙幕状態にすることができます。煙幕の回復には有効なアイテムが入手困難で自然回復を待つことになりますので追加効果としては非常に有効です。
入手方法はインドのクエで距離はありますが幽霊船にくらべるとはるかに簡単です。


4.人物装備

たまに模擬等におしゃれ装備とか裸で来たりする人もみかけますが、それは相手に失礼なだけでなく、もうその時点で勝利を放棄したと宣言しているようなものです。
船や船部品職業とも同じことが言えますが、始まる前から敵にアドバンテージがある状態で勝利するのは非常に困難です。なので装備についても十分考えて取捨選択する必要があります。
艦隊模擬戦においては白兵は拿捕る目的ではないので攻撃力よりも防御力重視で、ブーストは砲撃系や回避、操舵が付いてるものが好まれます。

ここでは部位別にスタンダードな装備品を紹介してゆきます。


ⅰ.頭装備
頭部はあまり種類がありませんが、艦隊模擬戦をするのであればカサドールクラウンやログウッド染めのボネなどの回避にブーストのついたものでいいでしょう。限定アイテムとして羽付特性バイコルヌがあり、これには操舵にブーストが付きます。CLでは使用禁止です。
他にも外科優遇のあるコリュスやガナドールでとれる貫通操舵帽子など種類が増えてきています。


ⅱ.体装備
職業やポジションにより大きく変わります。代表的なものをいかに羅列します。

ピーターパン装備(緑)

コマンダージュストコール 

ライザ服

マレシャルキュイラス(称号あり)

マレシャルキュイラス(金マレ)

コマンダーとライザ服は砲術より、マレシャルキュイラスは操舵、回避よりになります。武器やアクセとの組み合わせにもよりますが、大学スキルなんかも考慮して最適な装備を艦がる必要があります。


ⅲ.武器
武器については甲板船でもしないかぎり攻撃力は必要ありません。こちらも主にブーストに注目しましょう。


カッツパルゲル

漆塗の角弓

鄭成功軍の弓

南蛮筒


ⅳ.装身具
装身具もブーストが選択の要になります。

稲富砲術書

淡水海上戦記

エグモント伯の指揮杖

神殿の護符


ⅴ.手装備
白兵戦でできるだけ船員の減少を押さえたり撤退率を高めるためにできるだけ防御力の高い装備をお勧めします。

愚者の両手


ⅵ.足装備
手装備と同じ理由で防御力の高い装備をお勧めします。最近は回避にブーストのついた足装備も流行ってます。

強化ブーツ

スファジ


以上、装備品についてはこれといった決まりごとはありません。各々が一番と思える装備で挑むことも大切です。ですがブーストや職業等による艦隊としてのポジションを考慮しない装備は避けてるようにしてください。
ちなみに私の装備品は以下の通りです。

頭:カサドールクラン
体:金マレ
武器:南蛮筒
装身具:淡水海上戦記
手:100愚者
足:100ライディングブーツ


5.副官

艦隊模擬戦に連れて行く副官は以下の要件を満たした副官に限られます。

見張り・・・操舵+1、回避+1があること

兵長・・・二連弾防御があること


この二つを完備してそれ以外のスキルも優秀な副官は以下の4名です。


見張り ランスロット、イゴール

兵長 エルナン ジークフリード


ではそれぞれの副官について雑感を紹介します。

ⅰ.ランスロット 
見張りにつけると「操舵+1」「回避+1」「奇襲」が点灯します。この3種セットを持ってるのはランスロットのみでゲーム中最高の見張りと評価が高いです。これから雇う人はこの人で確定です。

ⅱ.イゴール 
「奇襲」こそないですが「操舵+1」「回避+1」を持っているので模擬戦にはまったく支障はありません。それ以外にも「鋳造+1」や「造船+1」「防波」もあるため汎用的に使えます。

ⅲ.エルナン 
兵長に任命すると「砲術+1」「弾道学+1」「二連弾防御」「妨害」が点灯します。特に「妨害」は優秀で白兵中に敵のしかけてくる大錐や火炎壺を妨害したり鐘による撤退を妨げたりと非常に有効です。これから雇うのであれば何も考えずエルナンで間違いありません。

ⅳ.ジークフリード 
エルナンと比べて「妨害」はないですが代わりに「貫通+1」が有効になります。特にアタッカーは火力を高める必要があるので、妨害のエルナンを捨ててジークフリードを選択してみるのもいいかもしれません。

副官の育成には時間がかかります。また特性値によっては使えるようになるまで何度も雇い直す必要もでてきます。
ですが最低でも「二連弾防御」の使える副官がいないと模擬戦になりませんのでよろしくお願いいたします。

6.カスタムスロット

PCかPS3で操作環境は変わりますが、私はPC派ですのでそれを前提に説明しますね。
カスタムスロットはF8ボタンでスロット窓が開いて、そこに登録してあるアイテムとかスキルとかを使用できる非常に使いやすいスロットです。
さらに2ページ使えるのでうまく配置を組み合わせるとスムーズにスキルの発動やアイテムの使用ができるようになります。

まずはカスタムスロットに入れるべきスキルから解説します。

ⅰ.スキル編
まず原則として連打が必要な「修理」と「外科」は必ずスロットに入れましょう。特に「修理」は100人いれば99人はF8に登録しています。
外科も修理ほど連打が必要ではありませんがすぐに使えないと意味がないので同様にスロットに登録しておきます。他にも慣れないうちは防御系のスキルである「回避」や「二連弾防御」などを自身の腕前やポジションに応じて考えてゆけばいいと思います。


ⅱ.アイテム編
特にアイテムは使用時に画面が大きく隠されてしまうため、瞬間的に使用する必要がある「予備帆」「予備舵」「手桶」「艦隊料理」などはカスタムスロットに登録しておく必要があります。
逆に白兵中に使用するアイテムはあえてカスタムスロットに登録する必要はありません。


カスタムスロットはこれといった決まりがあるわけではなく自分の使いやすいようにそれこそカスタムしてゆけばいいと思います。上手な人の動画なんかを見て参考にしてみるのもよいでしょう。(ちなみに私のカスタムスロットはフレからキモい)と言われています。


7.アイテム等

ここでは艦対戦に必要なアイテムとその効果、使いどころについて簡単に説明します。模擬戦ではアイテムを大量に消費するので日ごろからストックしておく癖をつけておくといざというときに困らなくて済みますよ。

ⅰ.予備帆
予備帆は修理と同様非常に重要なアイテムです。帆が破けていると船速が下がり味方のfが遅れたり敵のマークを振りほどけなかったり抜けポジに入れなかったりと様々な場面で支障がでます。艦隊効果があるので誰かの帆が破壊されたらすぐに直すよう心がけましょう。

ⅱ.予備舵
予備帆同様に壊れると戦局に大きく関わります。旋回速度が大幅に遅くなるため流れクリを貰う可能性が高くなり大変危険です。見た目でわからないの壊れたらすぐに回復するか白兵中なら「舵」とチャットして味方に知らせましょう。

ⅲ.撤収の鐘
通常の白兵撤退時に使用します。相手副官にエルナンがいる場合は妨害される場合もあるので、パス出し等抜けをコントロールする場合は鐘ではなく素撤退を選択すること。

ⅳ.破壊の大錐
敵船に大穴を明けて浸水状態にすることができます。浸水状態になれば回避が無効になるので抜けクリで相手を静める可能性が高くなりますので、白兵時に真っ先に使用したいアイテムです。浸水は白兵中はポンプでしか直らない上に艦隊効果もないため、抜けスキルが間に合わない場合は大きく有利になります。さらに、回避が無効になるため横削りの際にも大きく削れたりしますので即座に直すよう心がけましょう。

ⅴ.白煙弾
敵船を煙幕状態にします。煙幕状態になると大砲の命中率が下がるため、敵のカロアタッカーには積極的に使っていきたいアイテムです。煙幕状態を解消するアイテムもありますが入手が困難なため持ってる人は稀です。

ⅵ.轟音弾・火炎壺ほか 
その他状況に応じて白兵アイテムを何種類か所持しておくとよいと思います。

  • 最終更新:2012-12-11 17:15:54

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード