レア収奪トラの巻(基礎知識編)

◆レア収奪トラの巻(基礎知識編)

まずは基本的な言葉の整理からしてみようと思います。同じような言葉であっても捉え方が違うと誤解や勘違いがあると思いますので、私がいつも使っている言葉の要点をまとめてみることにします。


①レア収奪とは?

まずはレア収奪という行為自体について説明したいと思います。かなーり初期の記事にて獲得先別にアイテムを分類したと思うのですが、ここで言うレア収奪とは・・・

「NPCを陸戦で倒したとき、または洋上白兵戦で拿捕したとき、もしくは副官スキル「積荷強奪」が発動したとき、またはアイテム「略奪命令書」を使用したときにその対象NPCからレアアイテム等を収奪すること」

を指します。


②レアアイテムって?

一口にレアアイテムとはいっても、その認識にはかなり個人差がありますので、「これがレアだ!」なんていう乱暴な定義づけは今回はしません。ここでいうレアアイテムとは・・・

「NPCに元々設定されているドロップアイテムのうち通常ドロップではない方」

を「レアアイテム」と呼ぶことにします。

どういうことかといいますと、この世界に配置されているNPCには個々にドロップアイテム&交易品が設定されています。例えば有名な「征服者」を例に取りますと・・・

交易品(通常)  ビール
交易品(レア)  金細工
アイテム(通常) 圧延鉄板
アイテム(レア) 重装船尾楼

というふうに交易品2種(通常とレア)、アイテム2種(通常とレア)が設定されています。(陸上のNPCも同じです)つまり「征服者」の場合はまさしく「重装船尾楼」がレアアイテムとなるわけですね。


③収奪発生の仕組み

先ほど「レア収奪」という行為について一応の定義づけを行いましたが、それぞれの収奪発生の仕組みについて簡単にご説明いたします。

ⅰ拿捕

・・・洋上戦闘であれば敵NPCの船員をゼロにしたときが「拿捕」になります。陸戦の場合は敵NPCの体力をゼロにしたときが「撃退」になります。

ⅱ積荷強奪

・・・副官スキル「積荷強奪」が発動したときに「積荷強奪」となります。

ⅲ略奪命令書

・・・洋上白兵戦中に使用します。失敗する可能性もありますが成功すると「積荷強奪」と同じ効果が得られます。

上記のそれぞれの場合において

「金貨」
「水・食料・資材・砲弾のいずれか」
「交易品2種のうちいずれか」
「アイテム2種のうちいずれか」

を収奪できることになります。ただしどれが収奪できるかは運次第です。「金貨」は確実に収奪してきますが、水だけの時もありますし、交易品が出なかったり、アイテムが出なかったり、はたまた上記全てが出たりと様々です。

このうち「レアアイテム」の取得率なんてのが気になるところではありますが、これについては後述しますので慌てないでくださいねw


④収奪対象NPCとは?

この世界に配置されている全敵NPCが収奪対象となります。ですが、一般的にレアNPCと呼ばれるもの存在しますので、これについて少しご説明しますね。

この世界には洋上であれ陸上であれ、NPCが多数配置されています。それぞれのNPCはある条件に基づいて湧いたり消えたりを繰り返しています。たいていは同じ場所に2~3種類くらいのNPCが湧くのですが、低確率で特定のNPCが沸くことがあります。これが一般的に「レアNPC」と呼ばれてるもので、それらレアNPCのレアドロップはたいていがバザー等で高値で売れる「レアアイテム」を持ってるんですね。もちろん通常湧きのNPCの中にも高値で取引されるレアアイテムを所持している種類もいますけど、湧き自体がレアなのでそれらのレアNPCが持つレアアイテムは希少価値があるといえます。

また洋上に配置されているNPC以外にも航海中に「奇襲」を受ける場合があります。スキル「警戒」を使用していればこの「奇襲」は発生しないのですが、「奇襲」でしか出現しないNPCや「奇襲」でしか収奪できないレアアイテムも多数存在します。

他にもNPCには国籍を持つ者(旗付きNPC)も存在します。この旗付きを狩ると自身と同国であれば悪名が増加し名声が減少します。他国であってもその国に対する敵対度が上昇し、港に入れなくなるなどの弊害もあるため、計画的に行う必要がありますね。また旗付きNPCには後述する副官スキル「奇襲」を使用することができません。


⑤副官スキル「奇襲」について

副官スキル「奇襲」は公式HPには

「無国籍のNPCに対して「奇襲」コマンドを実行できる。実行すると洋上戦となり、相手の一隻が混乱する。レアアイテムを収奪しやすくなる。」

と記載されています。しかしながらその効果がどれほどのものなのかは公表されていないため詳細は不明です。ですが個人的な感覚としては、「奇襲」を使用したほうがはるかにレアアイテムの取得率が違うように感じます。ですから「奇襲」が使える状況であれば迷うことなく使用することオススメします。

なお「奇襲」を使用するには副官の担当を「見張り」にしておく必要があります。「奇襲」の成功率は副官の見張り特性に依存しますので、できれば特性が100の副官を準備したいとこですね。
また一度使用するとその成否に関わらず再使用まで10日間(10分間)の溜め時間が必要となりますので注意してください。


⑥副官スキル「積荷強奪」について

副官スキル「積荷強奪」は上述したとおり敵NPCから白兵中にアイテム等を収奪してくれるとてもありがたいスキルです。敵NPCを拿捕してしまうとそのNPCは消滅してしまうのですが、「積荷強奪」なら敵の船員がゼロにならない限り何度でも発動しますのでレアアイテムの取得がぐっと楽になります。

この「積荷強奪」を発動させるには副官を兵長に任命しておく必要があります。「積荷強奪」の発動率は副官の兵長特性に依存しますので、できれば特性が100の副官を準備しておきたいですね。

なお、「積荷強奪」は一回の白兵戦で2回まで発動し、一旦離脱~再度白兵にはいるとまた2回まで発動します。つまり、白兵しかけて強奪しては離脱しての繰り返しを行うことで敵を拿捕することなく収奪のチャンスを拡大することができるわけですね。これを一般的に「粘着強奪」なんて呼んだりしますw


以上、最低限知っておきたい知識と言葉を簡単に整理してみました。慣れてくると当たり前のように使用してる言葉もイザこうして展開してみると意外と難しいものですね。

  • 最終更新:2012-01-02 15:24:52

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード